ホームインスペクション(建物診断)について

ブログ画像1

お世話になっております

ハウスドゥ!金山店 エージェントの椿です。

 

 皆様、『ホームインスペクション(建物診断)』をご存知でしょうか?ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが

ホームインスペクション(建物診断)とは、見た目だけでは判断が難しい住宅の状態を建築士がプロの目で見極め、経過とともに消耗・劣化した部分・問題点について検査するサービスの事です。

コンクリートの劣化、シロアリの被害、雨漏り、建具の腐食など住宅の瑕疵を発見してくれます。米国では、州によって異なりますが、取引全体の70~90%の割合でホームインスペクションが行われ、すでに常識となっています。日本でも近年、急速に普及しはじめています。

 

 住宅を購入する際、「欠陥住宅ではないか」「いつごろ、どこに、いくらくらいのお金がかかるのか」「あと何年くらいもつのか」気になりませんか?

これらの不安点が解消されたとしたら住宅の購入において安全・安心なお取引が行えると思えます。

買主様、売主様には以下のメリットがあります。

 

 売主様にとってのメリット

・引き渡し後のトラブル発生の軽減

・検査済物件、保証付物件として他の競合物件との差別化

 

 買主様にとってのメリット

・検査で建物の状態が把握できて安心

保証付物件の場合は更に安心

 

このように買主様・売主様、双方にメリットがありますので是非、ご活用下さいませ。

 

上記のメリットに書かせて頂いた保証付物件とは瑕疵保険により保証が受けられる物件の事です。瑕疵保険とは隠れた瑕疵により生じた損害を補填してくれる保険です。

瑕疵保険の加入には審査があり、ホームインスペクション(住宅の建物診断)を行い住宅の保険適合性を確認します。適合しますとご加入頂けます。そして保証が受けられる物件として保証付物件となります。

保険申込事の審査で不適合になった住宅に関しましては、リフォーム工事で指定箇所を是正することで、保険にご加入頂けます。

ホームインスペクション・瑕疵保険を行い保証付物件となりましたら付保証証明書が発行できます。その付保証証明書を利用する事により耐震基準の証明書類として、住宅ローン減税などの申請に利用できます。利用することで、登録免許税、住宅ローン減税、不動産取得税、贈与税非課税措置など軽減される特例がございます。 

 

通常、木造住宅築20年、耐火住宅築25年を過ぎた住宅は、耐震性能基準を満たさず減税などの申請の許可がおりません。よって築年数が浅い住宅よりも多くの税額を払わないといけません。

ところが、付保証証明書があれば耐震基準を満たす証明書類として木造住宅築20年、耐火住宅築25年を過ぎた物件でも減税対象になる可能性があるという事です。

 

住宅ローン減税を例にしますと、中古住宅が減税を受けるには以下の条件が必要となります。

・自ら居住すること

・床面積が50㎡以上あること

耐震性能を有していること

・借入金の償還期間(住宅ローン)が10年以上あること

・年収3,000万以下であること

 

上記の「耐震性能を有していること」とありますが、もうお気づきになった方はいらっしゃるかもしれませんが

瑕疵保険の付保証証明書があれば木造築20年・耐火構造築25年を過ぎても耐震性能を満たしている証明になるので減税が受けられる!ということです。

 

住宅を購入後、リフォーム工事の際内壁を壊したら柱が腐食しており、瑕疵保険に入っていなかったために修復するのに多額のお金がかかってしまった。

築年数が木造住宅築20年、耐火住宅築25年を超えていたので減税されないだろうと思った。

住宅を売却される際、瑕疵保険をつけていれば安全に、もっと高く売れた。 

このような事例を回避するためにも、これから中古住宅の売買をご検討の方は是非、ホームインスペクションの利用をご検討下さい。

 

 もっとホームインスペクションについて知りたい。ホームインスペクションを実施したい。瑕疵保険に加入したい。中古住宅の売買を考えているなど。

是非、ご相談下さいませ。ハウスドゥ金山店スッタフ一同、お待ちしております。

 

*弊社はホームインスペクション・瑕疵保険を取り扱っているジャパンホームシールド株式会社の代理店です。

 

女性

はじめての方もご安心ください。経験豊富なスタッフが、
物件探しのノウハウや資金計画まで丁寧にアドバイスさせて頂きます!

見るだけ聞くだけOK

電話で問合せ

通話料無料

0120-007-918

定休日:水曜日
営業時間:10:00~19:00 

ページトップ